ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングは、歯の黄ばみを漂白することで白い歯を実現するための方法です。表面の着色汚れを落とすだけでなく、歯そのものの色を変えるのがポイントです。歯の色が白くなると顔全体の印象も明るくなります。当院では20代から70代まで幅広い世代の方がホワイトニングをしています。

ホワイトニングを特にお勧めしたい方

特にホワイトニングをお勧めしたいのは、これから前歯の治療を行う方です。まずホワイトニングでご自身の歯を白くすることで、治療する箇所もそれに合ったきれいな白い素材を使用することができます。先に詰め物や被せ物をしてからホワイトニングをすると、自分の歯だけが白くなり、不自然な仕上がりになってしまいます(ホワイトニングで色が変わるのは自分の歯だけです)。これから歯の治療をされる方は、先にホワイトニングをすることをご検討されてみてはいかがでしょうか。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

院内で行うホワイトニングです。歯科衛生士がホワイトニングジェルを歯に塗り、15分間光を照射して歯を白くします。速効性があるため1回で白さを実感できますが、通常は2〜3回繰り返すことで理想の白さを実現していきます。なお、オフィスホワイトニングではまれに知覚過敏になることがあります。ただし一時的なものですので、知覚過敏用の歯磨き粉やしみ止めを使用する程度で、大きな問題になることはほとんどありません。

ホワイトニングシステム彩(sai)

従来のホワイトニング剤にナノ酸化チタンという光触媒を加えることで熱化学反応を光化学反応に変え、従来の半分の時間で、オフィスホワイトニングができるシステムです。

 

特徴・メリット
・歯面塗布の時間30分がたったの15分に短縮!
・患者様の負担が少ない。
・歯面にやさしく、知覚過敏が出にくい!
・迅速に白さを手に入れることができる。

 

☆当医院では色の後戻りや仕上がりの綺麗さの観点から3回行うことをおすすめします。

 

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングです。まずは医院でトレー(マウスピース)を作り、ジェルと一緒に持って帰っていただきます。あとはそのトレーにジェルを塗り、自宅で1日2時間程度装着します。

およそ1ヶ月間続けていくことで、理想的な白さを実現します。少しずつ色が白くなっていき、その分、色の後戻りもしにくいという特徴があります。また、オフィスホワイトニングと比べて知覚過敏になりにくいというメリットがあります。一方、毎日自分で続けなければならないため、手間がかかります。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングをどちらも行うことを、デュアルホワイトニングと言います。両方実施することで、歯がなかなか白くならない方でも白くすることができ、速効性と後戻りのしにくさというそれぞれの良いところ取りができます。

ホワイトニングの持続期間

ホワイトニングによって得られた白さは、通常、半年から1年程度持続します。タバコを吸う方や赤ワイン、コーヒーを飲む方は白さが失われやすいため、定期ケアを受けることで予防できます。白さを維持するために、1年ごとにホワイトニング、タッチアップを1年毎に1回することをおすすめします。

ホワイトニングは歯科医院で

ホワイトニングのみ行うデンタルエステなどもありますが、法律上、扱える薬剤の種類には制限があります。歯科医院では過酸化水素(オフィスホワイトニング)や過酸化尿素(ホームホワイトニング)を使って歯を白くしますが、デンタルエステではポリリン酸といった全く別の成分を使用しており、表面の着色汚れを白くする程度の効果しか得られません。また、歯科医院であれば万が一のトラブルにも的確に対応することが可能です。ホワイトニングをご希望される方は、必ず歯科医院へ相談するようにしましょう。

当院の特徴

当院には「ホワイトニングコーディネーター」という資格を持っている歯科衛生士が在籍しております。

ホワイトニングに関してご不明点があればお気軽にご相談ください。

ホワイトニングコーディネーターとは

この資格は、ホワイトニングに関する正確な知識を取得しており、状況に応じて最適なアドバイスができると認められた資格です。

ホワイトニングにおける適切な手順や方法、また一人ひとりのご希望に応じた色の加減のアドバイスまで提案することが可能です。

「気になっているけど」「やってみたいけど」という方はお気軽にご相談ください。

  • 患者様の声患者様の声
  • クリニックブログクリニックブログ
  • 東濃インプラントスタディー インプラント専門サイト東濃インプラントスタディー インプラント専門サイト